スクールコンセプト

  1. 目標は、「きちんと話せる大人」。
  2. 最先端の脳科学と言語習得プロセスに基づいたイサのカリキュラム
  3. 『喋りたい気持ちは同じでも、喋れない理由や弱点は一人一人違います!!』
  4. ESLとは
  5. キャリア・イングリッシュ ISA(イサ)の特撰ESLとは?
  6. 「インプット」と「アウトプット」の絶妙なバランス
  7. 語学のエキスパートによるプロデュースと徹底したプロ教育

1. 目標は、「きちんと話せる大人」。

キャリア・イングリッシュ ISA(イサ)は単なる英会話スクールではありません。
他校が真似できないそのこだわりのカリキュラムは、通翻訳教材制作の第一線で活躍する日米の語学の専門家たちが、現代の日本の英語教育の弱点を徹底的に検証して、わずか週1~3回のスクーリングと自宅での簡単な聞き流し学習で、海外留学したのと同等の効果をあげるよう開発した目標達成の英語修得の最短コース。その効果は、業界でも群を抜く、リピーターの多さと、他の英会話スクールでの学習経験者や海外留学経験者の在学率の高さが実証しています。

▲先頭に戻る

2. 最先端の脳科学と言語習得プロセスに基づいたイサのカリキュラム

キャリア・イングリッシュ ISA(イサ)は、「聴く」「読む」「話す」「書く」の4つのスキルと
「知る」→「分かる」→「考える」→「使う」→「慣れる」→「身に付ける」→「応用する」
の7つのステップのバランスを考えた、『日本人の為の特撰ESLトレーニング方式』です。

▲先頭に戻る

3. 『喋りたい気持ちは同じでも、喋れない理由や弱点は一人一人違います!!』

なのに、クラスを何段階かのレベルにだけ分けているスクールが多いのを不思議だと考えた事はありませんか?

キャリア・イングリッシュ ISA(イサ)なら、「喋れない理由=弱点」を分析し、語学のプロが丁寧にカリキュラム作成した多彩なスキル強化型クラスが受講できます。

あなたの目標に最適なクラスを専任のカウンセラーがプログラミング!

▲先頭に戻る

4. ESLとは

English as a Second Languageの略で、海外の大学の英語補修クラスのこと。
正規大学への入学条件の英語力に満たない人たちが、短期間で、英語の総合的スキルアップを目指して英語力のアップを図るために実施されるカリキュラム。一口に留学と言っても、語学留学と正規留学では、学習内容もその成果にも大きな違いがあるのです。

▲先頭に戻る

5. キャリア・イングリッシュ ISA(イサ)の特撰ESLとは?

英会話スクールの中には、ESL教授法を謳うところが少なくありませんが、そのほとんどが、海外のESL教授法をそのまま導入し、教授経験の少ないネイティブ講師にそのままクラスを丸投げしたもの。イサのカリキュラムは、米国ESL教授法の良さを取り入れ、日本人独特の弱点や特性に着目して特別にアレンジした『日本人のための特撰ESL』。日本人にしか分からない悩みとネイティブにしか教えられない強みの両方がひとつになった全国的にも評価の高いこだわりのカリキュラムです。

▲先頭に戻る

6. 「インプット」と「アウトプット」の絶妙なバランス

・・・分からなければ、聞けない。知らなければ、喋れない。

例えば、本当の会話には、「聞く(知る・分かる)」ことも、「喋る(考える・使う)」ことも必要。
私たちは、一方的に詰め込むだけで「使う事を教えてくれない」学校英語にも、 ただ自分の知識の枠内だけで喋ってみるだけで、「新しい発見(知る・分かる)を教えてくれない」英会話スクールにも不自然さを感じています。
キャリア・イングリッシュ ISA(イサ)が大事にしたいのは、「インプット」と「アウトプット」の絶妙なバランス。
語学の習得には、「知る」、「分かる」、「考える」、「使う」の全てが欠かせないから、 イサでは、会話以外の基礎クラスや実践クラスにも力を入れているのです。
「会話だけ上手くなればよい」という場合でも、‘Vocaburary=語彙力’も、’Grammar=文法力’も、‘Listenig=聞く力’も、そして‘Pronounciation=発音’も必要です。
例えばあなたが留学を目指すなら、留学先で困らないよう、読む力と書く力を渡航前にしっかり身につけて行くと、留学先での上達に効果に大きな違いが出てきます。
「聞く」、「話す」、「読む」、「書く」。 分かることと使うこと。知ることと考えること。
「インプット」と「アウトプット」の繰り返しこそが、「ペラペラへの一番の近道」だとイサは考えています。

▲先頭に戻る

7. 語学のエキスパートによるプロデュースと徹底したプロ教育

質の高いコース・カリキュラムを実施するのは、一線で活躍するA級通・翻訳者とプロのESL講師。
ネイティブとのコミュニケーションはもちろん大切だけど、 母国語だけしか喋れない人に外国語の習得法を全て委ねるというのも何か変。
「プロが薦めるスクールNO.1」
広告しないキャリア・イングリッシュ ISA(イサ)が業界からずっと支持を得ているのは、 語学のプロによる直接指導と徹底したプロ教育への姿勢です。

▲先頭に戻る

Copyright(C) Bilingual Publishing 2001. All rights reserved.