愛媛県松山市の英会話スクール・翻訳・教育メディア作成
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • ほぼナイ!

ほぼナイ!

ミャンマー大統領府がロヒンギャ問題で独立調査委を設置:「中立国」日本は救世主になれるか(2018.8.29配信分レビュー:その1)

<ロヒンギャ問題の打開策となるでしょうか> 先月30日、ミャンマー大統領府は混迷するロヒンギャ問題の独立調査委員会設置を発表しました。外国人を含む調査委員会の設置ははじめてです。 過去にもロヒンギャ問題に関する調査は実施 …

スタバ、世界全店舗でプラ製ストロー廃止へ:問われる「脱・過剰包装」(2018.7.25配信分レビュー:その2)

<例外なく全世界で廃止されます> 世界最大級のコーヒーチェーン スターバックスで、2020年までに全世界の店舗で、顧客へのプラスティック製ストローの提供を中止すると同社が発表しました。 ヨーロッパを中心に大きな問題として …

BBC『Japan’s Secret Shame』に世界が反応、記者クラブは依然沈黙:文字通り「恥の上塗り」(2018.7.25配信分レビュー:その1)

<英国を中心に大きな反響が巻き起こっています> 英BBCでドキュメンタリー「Japan’s Secret Shame」が現地時間の先月28日夜に放送されました。伊藤詩織さんの準強姦事件を特集したTV番組です。 …

スポーツ日本勢、海外ではノビノビ:日本のスポーツ選手は「外弁慶」?!(2018.6.27配信分レビュー:その2)

<パワハラのないところで活躍しています> 国内では日大アメフト部や女子レスリングのパワハラ問題を抱える一方、MLBやサッカーW杯など、海外での日本人選手の活躍が目立っています。 日本のトップレベルのアマチュアスポーツが相 …

G7、米朝会談で衝撃の事実続々明らかに:「外交の安倍」の実態とメディア(2018.6.27配信分レビュー:その1)

<何もしていなかったことが確定しました> トランプ大統領の早退で幕が下りたG7に続き、歴史的な米朝会談が遂に実現しました。日本が最も注目していた拉致問題の進展はありませんでした。 「モリカケ」はじめ国内の相次ぐスキャンダ …

日大アメフト部の“異常”と“常態”:元凶は「体育」と「スポーツ」の混同(2018.5.23配信分レビュー:その2)

<もはやスポーツではなくなっています> 連日メディアに大きく取り扱われている日大フェニックス(日本大学アメフト部のチーム名)による危険タックルを巡る問題は、加害者となった選手が首脳陣の指示を明言する事態に至っています。 …

終息の気配ないセクハラ問題、各方面で続々明るみに:批判する「資格」(2018.5.23配信分レビュー:その1)

<モラルの低下が止まりません> 福田前財務事務次官のセクハラ騒動以降も、芸能界や地方自治体の首長など、セクハラを巡る問題が続出しています。 日本国内だけでも、セクハラなど多数の性的スキャンダルが短期間のうちに相次いで明ら …

特集『Dietとメディアのオイシイ関係』(2018.4.25配信分レビュー)

< ほぼナイ! レビュー動画(Vol.33):【 見逃し配信を視聴 (YouTube)】> 『ココがヘン!ニッポンのニュース 特別編:特集『Dietとメディアのオイシイ関係』』 <参考:ログミー> 人工甘味料は本当に体に …

今春注目映画の「共通事項」:同じ「紙」でも、お国違えば…(2018.4.25配信分レビュー:その3)

<共通のテーマが話題となっています> 今春注目の映画「DARKEST HOUR(邦題:ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男)」「THE POST(邦題:ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書)」が相次いで全 …

国際情勢激変で日本は置き去り:まるで「金魚のフン」な人々(2018.4.25配信分レビュー:その2)

<国際情勢が激変しています> 中朝首脳の電撃会談に続き、南北朝鮮会談、更に米朝会談など、相次ぐ歴史的なイベントが予定される中、日本が蚊帳の外に置かれています。 トランプ大統領の独断で、5月中の実現が確実視されている史上初 …

1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © ISA(イサ)&バイリン出版 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.